書体(フォント)について

社員証を定型入稿で作成する場合、6書体(フォント)から選択して作成することが可能です。こちらではそれぞれの書体の特徴やイメージなどを解説しておりますので、作成の際にご参考ください。

書体見本

使用する書体(フォント)によって印象が変わります。それぞれの書体によって特徴がありますので、社員証のデザインや会社のイメージに合った書体をお選びください。

角ゴシック体【定番】

角ゴシック体
【角ゴシック体のイメージ】
力強さ、男性的、スピード感、現代的、シャープ
【ゴシック体の特徴】
インパクトが有り、見やすい。
細字はシャープで女性的な印象に、太字は元気で力強く信頼できる雰囲気になる。

丸ゴシック体

丸ゴシック体
【丸ゴシック体のイメージ】
優しさ、安らぎ、可愛らしさ、親しみやすさ、ナチュラル
【ゴシック体の特徴】
インパクトが有り、見やすい。
細字はシャープで女性的な印象に、太字は元気で力強く信頼できる雰囲気になる。丸ゴシック体は角ゴシック体よりソフトな印象を与える。

明朝体

明朝体
【明朝体のイメージ】
洗練、信頼、上品、知性、繊細
【明朝体の特徴】
読みやすい。太字は力強く、伝統的で権威ある雰囲気になります。

楷書体

楷書体
【楷書体のイメージ】
日本的、伝統的、丁寧、誠実さ、端正
【楷書体の特徴】
明朝体やゴシック体より書き文字に近く、温かみや柔らかさがある。

行書体

行書体
【行書体のイメージ】
伝統的、日本的、粋、高貴
【行書体の特徴】
楷書体をつなげたり崩したりしたフォントで、楷書体よりも柔らかい印象を与える。和風の演出をするために使用されることが多い。

隷書体

隷書体
【隷書体のイメージ】
日本的、伝統的、厳格
【隷書体の特徴】
中国の漢時代に生まれたフォントで、波打つような横線のうねりや払い、のびのびと力強い跳ねが印象的。やわらかい印象を与える。

最近見た商品

Copyright 1998-2017 Hankoya.com, Inc.